FC2ブログ

マイケル・バード『ゴッホは なぜ星月夜の うねる糸杉をえがいたのか』 ~このような本が書けたらいいなあ。ある程度の知識があると、1を知って10をイメージできる、魅力的な語り口と美しい絵と造本の美術史です。

 まずは、ご報告です。遅まきながら、ブログをSSL化しました。URLが若干変わりましたが、従来URLからも転送されますのでご安心ください。
 (ついでながら、SSL化は、アクセス数カウンターのみ後で再貼り付け・・数は、継続・・しただけで、あっけなく、1分ほどで終わりました。)

 さて、今日のお話です。
 気障に言えば、書斎で、熱い紅茶でものみながら、ゆっくり頁を繰るのに良い書物です。
分厚いので、寝て読むと言うわけには参りません。
 先だって、学識溢れる、柳亮『近代美術史』をご紹介しましたが、本書は、《学識》というよりも、《見識》豊かな書物、と言えるでしょう。
 このような本が書けたら良いなあ、と思いました。プレゼントに良いでしょうね。

マイケル・バード・著
ケイト・エヴァンス・絵
岡本由香子・訳
『ゴッホは なぜ星月夜の うねる糸杉をえがいたのか』(エクスナリッジ)

 著者は、英国の作家、歴史家そして、ラジオ司会者です。
A4版、336頁のどっしりした造本です(3,200円)。
 1テーマ(アーティスト)約3頁で、1枚の絵と絵本のようなイラストがあります。

20190706172130d9a.jpg 

 絵は、紀元前4万年前の、ドイツ〈シュターデル洞窟〉から、2010年の中国現代アーティスト、アイ・ウェイウェイまで、68作品で、その選ばれた絵が秀逸のセンスです。
 その絵に関して、知的な《語り》で、そこから、イメージが広がります

 書名になっている、「星月夜」は、精神病院にいた頃描いた「星月夜」から、ゴッホの人生と絵の特長を見事に活写しています。

2019071216154232e.jpg 

 気に入ったのは、ロダンの頁。内容は、ロダンでは無く、〈弟子〉〈愛人〉、カミーユ・クローデル (1864-1943)・・ロダンに《捨てられて》半生を精神病院で過ごしました・・に光を当てて、彼女の作品「波」を載せています。
 この著者の〈見識〉に、大いに賛同します。

 スーラでは、その画法を、《ポワインティイーズム》(点描画法)というのでは無く、《クロモ・ルミナリズム》と紹介しています。ここにも著者の見識が現れています。
 隣の色によって、色が違って見えることを主張しました。

 ピカソの頁は、「ゲルニカ」。この選定にも感心しました。
アートというのは真実を語るうそなのだ」と言いつつ「ゲルニカ」を描いたピカソを描きます。
(そう言えば、この言葉、ピエール・ボナール (1867-1947)も、「絵画とは、小さな嘘をいくつも重ねて大きな真実を作ることである」と言っていましたっけ。)

 葛飾北斎は、「神奈川沖浪裏」(1831)で、きちんと、この頃の雅号「為一(いいつ)」で、富士山と版画や漫画絵の話で北斎の一生を語っています。

 アルブレヒト・デューラー (1471-1528)の絵は、あえて ? 「芝生」(1503)。

(以下、下記の「続きを読む」をワン・クリックしてお読みください。)

 アルテミシア・ジェンティレスキ (1597-1651)に出てくる、「ホロフェルネスを殺すユディト」(1611ほか)は、ネットで調べて、カラヴァッジオ (1571-1610)「ユディトとホロフェルネス」(1598)と共に、観ました。
 クリムト展で「ユディト」を観た後ですから、興味が大いに沸いたわけです。

 ユディトと言えば、「サロメ」を洗礼室のレリーフにした、フィレンツェのドナテッロ (1386-1466)の話や、
友人、透視図法を編み出したフィリッポ・ブルネレスキの、大聖堂建設の話も面白い。
 ドナテッロの店が、ヴェッキ橋に在るというのも、本書図盤「フィレンツェ(1400年代)」で知りました。

 このような、街の図版は、「アテナイ」、「アンコールワット」、「ロンドン(18世紀初頭)」、「アムステルダム(1600年代)」、「モスクワ」などがあります。

20190713154051ab4.jpg 

 同時代の3人、25 ミケランジェロ (1475-1564)、 26 ラファエロ (1483-1520)、 27 ティッツアーノ (1488-1576)は、連続して、一つのドラマになっています。

 油絵具を造ったネーデルランドのヤン・ファン・エイク (1390-1441)の絵は、「アルノルフィーニ夫妻」(1434)。
足下にサンダル、鏡にはエイクが写っています。
 その油絵具で、レオナルド・ダ・ヴィンチ (1452-1519)が描いたのは、「白貂(しろてん)を抱く貴婦人(チェチェリーナ・アッレラーニ)」(1490)が、選定されています。

 また、ウイリアム・ヘンリー・フォックス・タルボット(英、1800-1877)が発明した白黒写真機で撮った「開いたドア」(1844)は、貴重。
 さらには、連続写真や動画(ズープラシスコープ)を発明した、エドワード・マイブリッジ (英、1830-1904)の話も載っています。

・・という具合です。
 あっ、クリムトやシーレは、載っていません。

 その代わり・・、

ジャック=ルイ・ダヴィッドの「マラーの死」(1793)、
カスパー・ダヴィド・フリードリッヒの「雲海の上の旅人」(1818)、
ジャン=シメオン・シャルダン(1699-1779)の「カードのお城」(1736)、

・・などが紹介されていて、新しい知識を得られました。

 最後の頁は、中国の反体制作家、アイ・ウェイウェイ(1957-)。無数のヒマワリの種(陶器製)の作品は、「種は芽ぶく。国民もいずれ声をあげるだろう」の象徴です。

 美術館を巡ったような、心地よい読後感です。年表用語解説も丁寧です。

 さて、今度の土曜日は、国立劇場で、声明と雅楽を観賞しますので、隣の、ホテル・グランドアークに電話して、レストランの席と松花堂弁当を予約しました。★
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

感動人

Author:感動人
 芸術全般を愛する団塊世代です。
 「引退後」、たっぷり時間をかけて、いろいろな芸術を初心にかえって学び、横断的に、楽しんでいきたいと思います。もうひとつ、心身共に健康に「年をとっていく」ための、生活のマネジメントも「同時進行」でお伝えします。
 のんびりと過ごしたいと考えています。お寄せいただくコメントなども、論争などは避けて、ゆったりしたお話をお寄せください。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事のカテゴリ
読みたいテーマを選択してください。
リンク
RSSリンクの表示