FC2ブログ

高殿円『戒名探偵卒塔婆くん』 ~戒名の知識が得られて面白い小説です。平行して、竹井栄文『戦国の城の一生 ーつくる・壊す・蘇る』も読みました。

 余談です。今、私の書斎の窓際と風呂場には、春の強い陽ざしがたっぷり入って、花粉の心配をして表に出なくても、家で、日なったぼっこをしつつ、ゆっくりできます。一日、読書をしていると、どうも運動不足になって仕舞いがちですが、不要の外出は、読書の時間を奪われるようで好きでは無いのです。
 朝食に、最近、アボカドにヨーグルトをかけて食べるのが好きで、今日も、それと、「成城石井」のニンジン・サラダを、少し焼いたパンに2種類のハムと、きゅうりを挟んで、サンドイッチにして食べています。

 さて、今日の本題です。新聞の読書欄で知った新刊は、

高殿円『戒名探偵卒塔婆くん』(角川書店)

です。〈たかどの まどか〉さん、と読みます。

201903121330464d1.jpg 

 物語は、麻布にある臨済宗妙徳寺派・秋王山金満寺(きんまんじ)の二男で、高校生の金満(かめみつ)春男が、古典に詳しい同級生・外場(そとば)の協力を得て、戒名に係わるもめ事等を解決してゆく、軽妙な小説です。
 春男の兄は、寺の住職代行を勤める13世龍円(りゅうえん)師で、他に、やはり同級生の寺の女生徒、善九寺尊都(ぜんきゅうじ みこと)も登場し、役者がそろいます。

(以下、下記の「続きを読む」をワン・クリックしてお読みください。)


 戒名についての知識が、若干、得られます。
若干・・、と言うのは、もっと、期待していたからではあります。

 その戒名については・・、
 最初の2つの話では、「清室浄蓮信女」、「有功斎吹毛唯雪庵主」などの戒名を〈分析〉して、かつ、墓石や仏教の初歩知識が得られて、読んでいて頁を置けません。
 合間の、会話では、ぼた餅(春)の言い方が季節によって、お萩(秋)、夜船(夏)、北窓(冬)と言うなどの雑学で笑ってしまいます。

 戒名については、概ね・・、

又は院殿の号】・【道号】・【法号】・【位号(これは、浄土真宗は無し)。院殿ー大居士・清大姉、院ー居士・大姉、ー信士・信女】

・・の順で付けられます。

〈院〉は、名では失礼に当たるので、住んでいる御座所名を付けるもので、武士の場合は院殿です。
〉が付くのは妻とか、
〈浄〉が付くのは浄土宗とか、〈釋〉シャクが付くのは浄土真宗とか、
〈蓮〉お釈迦様に肖るほか、ハスのように、水に負けないようにとか、
 戒名中に、亡くなった季節の〈雪〉を入れるとか、

童子〉は子ども、〈孩(がい)士・孩女〉は幼児、〈嬰子・嬰女〉は乳児だとか・・。

 ・・はたまた、禅宗の戒名は高いとか、時宗は投げ込み寺が多かったとか、いろいろ出てきます。

 しかし、第3話は、昨今の、檀家が少なくなって収入難の寺の経営の立て直し案に、中国人に日本の戒名を売りつける商魂物語で、それは、それなりに面白いアイディアなのですが、もっと、戒名のことを読みたい。

 第4話とエピローグは、富豪の生前戒名を付ける話で、確かに、4つほど戒名が出ては来ますが、話の大半は、戦中・戦後の復員物語ミステリーで、私のニーズとは別の長い物語になってしまいます。

 本筋の、戒名で、期待が大きすぎた分、後半は、やや残念ではありましたが、ちょっと毛色の変わった読書で、それなりに楽しめました。
 これから、仏教に興味を持てるきっかけと相成りました。

 同時期にもう一冊、

竹井栄文『戦国の城の一生 ーつくる・壊す・蘇る』(吉川弘文館・歴史文化ライブラリー 475)

を併読していました。
 城、と言っても山城が中心です。

 維持管理、や「城掟」の外出、宴会制限、メンテナンス、備品、出入り制限、自然災害への対応、それに廃城など目新しい事項も多いのですが、他文献引用が多い、古典的書き方で、例えば、「つくる}については、やはり、図が無いと理解が十分出来ません。

 また、知りたいところに十分記述が無く・・数か月で「築城」できてしまうのは驚きましたが・・、著者の好きな「城めぐり」は兎も角、エピソードが多い割には中途半端のように思いました。★
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

感動人

Author:感動人
 芸術全般を愛する団塊世代です。
 「引退後」、たっぷり時間をかけて、いろいろな芸術を初心にかえって学び、横断的に、楽しんでいきたいと思います。もうひとつ、心身共に健康に「年をとっていく」ための、生活のマネジメントも「同時進行」でお伝えします。
 のんびりと過ごしたいと考えています。お寄せいただくコメントなども、論争などは避けて、ゆったりしたお話をお寄せください。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事のカテゴリ
読みたいテーマを選択してください。
リンク
RSSリンクの表示