FC2ブログ

9月文楽公演『伊賀越道中双六』~武家社会の不条理を太夫の熱演で描ききり、近松半二戯曲の楽しみを最大限、満喫できました。

  台風一過の晴天。東京・国立劇場で、9月・人形浄瑠璃文楽、近松半二作の、


 『伊賀越道中双六(いがごえどうちゅうすごろく)』、


のタテ(通し・朝11時から夜9時前まで。劇場では、便宜上「入れ替え」(料金徴収単位)の区切りで、第1部と、第2部の大括りをしています。)を鑑賞しました。席は、5列目と10列目、上手寄り、床近く、でした。

 ああ、良かった。ほんとうに、良かった。


 「伊賀越道中双六」と言えば、すぐに世話物的な「沼津」を思い浮かべますが、今回の公演で、通しによって全段を観た場合、「戯曲」というもの、その良さ、をしっかり再認識できます。
 ましてや、スケール大きく、複雑な伏線を沢山張る、近松半二です。私は、半二が大好きなんです。


 今回の公演では、物語を、単なる、仇討ち悲劇ではなく、きちんと、武家社会の不条理、空しさや、旗本vs大名間の対決を基礎に描き、それらが、第1部では「唐木政右衛門屋敷の段」の「饅頭娘」あたりから後、第2部では「岡崎の段」後、怒濤のように、いろいろな物語が、本流の流れに合流するところは感動せずにいられません。


 話が前後しますが、まず、何と言っても、今回は、第2部、
岡崎の段」、
の「切」、豊竹嶋大夫(三味線・豊澤富助)の気迫のこもった、1時間余の大熱演に感動しました。


 この段は、子殺しの残酷さなどからか、あまり演じられませんが、今回は、きちんとタテ(通し)として組み込まれました。

 で、子殺しが残酷で公演カットが多い、というのは、ホントでしょうか。
 巡礼や子殺しの悲劇物語なんて結構ありますし(12月文楽公演「大塔宮曦鎧」は、孫殺し、ですぞ。)、人形の扱いでは、その後の「伊賀上野敵討ちの段」の沢井股五郎のほうが、もっと、武士らしくない粗末な人形の扱われ方。
 さらに言えば、「藤川新関の段」の、その他大勢の捕手なんて、振り回されている人形もありました。
 あれはないな、と思って見ていたのですが。

 それは兎も角、残酷、と言うよりも、約2時間、動きの少ない、地味な場面が続いて、観客(特に、初見の予備知識のない客)が飽きてしまったり、他人に化けたりして観客が誤解してワケが分からなくなったりするので、さらには、それを、たっぷり語れる太夫(普通名詞には「」を使います。)が少ないから、カットされるんではありませんか。

 だって、戯曲としては、いままでの支流が合流して、クライマックスの大河になる重要なところですし、前半(第1部)の、「沼津」とパラレルになっていて、悲劇的な死によって、股五郎の行方がわかる大事なところです。

 それに、この段は、武家社会の、様々な悲劇が凝縮されています。
 これを、カットする手はないんじゃありませんか。今回は、お手柄。
「岡崎」なくして、通しなし、ですよ。

 今回、そこを、約1時間、豊竹嶋大夫が、もう、白眉の名演で、聞かせてくれました。
 出だしから、「これが西風だ」、という風です。
 三味線の豊澤富助も、さまざまな効果音を三味線でだしたり、戯曲を見事にリードしていました。


 余談ですが、こんなときに、人形の出に無闇に拍手して、太夫を邪魔しないでほしいと思います。
 ヴァグナーの楽劇に拍手するようなものです。
 でも、余談ついでに、オペラ歌手もすごいが、1時間語る太夫もすごい、改めて感じました。オペラも、文楽もいいわけですね。


 第2部は、この「岡崎」の前に、
「新川新関の段」、
で、チャリっぽく観客を誘導します。

 本来は、「沼津」と「岡崎」の重い物語の息抜き的な段なんですが、今回は、「沼津」で、第1部終了、入れ替えタイムとなっているわけです。


 その「新川新関の段」の「助平(すけべえ、でなくすけへい、です。)」で、人形の桐竹紋壽は、病気休演で、急遽、桐竹勘十郎です。
 《名手》勘十郎ですから、不満はないのですが、勘十郎ではなく、やはり、一度、紋壽の助平が見て見たかったのに残念です。だって、あのおっかなそうな顔で、どう、助平で笑わせるのか、期待していたんです。

 それは兎も角、第2部、初っ端から、太夫陣、良かったですねえ。竹本三輪大夫、豊竹咲甫大夫、豊竹始大夫。

 なお、オペラではありませんが、この段には、《劇中劇》~「引抜き」、があって、今回は、「寿柱立万歳」でした。

 そのあと、「竹藪」のメリヤス(太夫の長い詞の間の伴奏風に弾いて雰囲気をつくる三味線)もよかった。


 前後した、第1部。

 「唐木政右衛門屋敷の段」、
豊竹咲大夫(三味線・鶴澤燕三)の熱演は、先の、第2部、嶋大夫と双璧の気迫の籠もった大熱演でした。
 今回は、この二人が最高、ですね。
 ここから、最後のクライマックスに走るのです。


 開幕から、「和田行家屋敷の段」、「円覚寺の段」と、地味な舞台が続きますが、まさに、「通し」であるからこそ、じっくり味わえる、しかも、これからの長大な物語の発端が全て入っている重要な場面です。
 舞台にあまり動きがない、まさに、太夫次第で、文楽の「聴覚重視」の文楽戯曲の本領発揮ではありませんか。
 そういう点からも、この通しはよかった。


 今回は、やはり、あまり公演されない、「円覚寺」が入っています。
 この段が入ったことによって、戯曲としてグッとしまり、これがあってこそ、大名vs旗本の争いの全体の流れがよく理解できます。
 ところで、折角なのに、予定の(中)竹本相子大夫は、病気休演で、豊竹靖大夫の代演と相成りました。
 でも、豊竹靖大夫、実に、よかった。気迫、満点でした。
 

 さて、「沼津」。
 先頃、病に倒れた、《国宝》竹本住大夫の「沼津」の「切」は、これまで2度聞いています。ちなみに、人形は、何れも、平作は、桐竹勘十郎でした。お米は、吉田文雀と桐竹紋壽。

 今回は、平作は、やはり桐竹勘十郎、お米は、吉田簑助(前は、十兵衛で見ました。)いいですね。

 竹本住大夫は、ご自身、この「沼津」が「大好きな演目」と語っています(2009年10月8日「朝日新聞」)。ちょうど、私が、聞いた公演の時のインタビューです。
 

 余談ですが、ここでの「口」の語り出し、「名高きイイイ・・」と、「き」の産字(うみじ)があります(ちなみに、「キーー」は、引字(ひきじ))。東海道53次にちなんで、53回やるともいわれますが。

 なお、住大夫の前、「次」の豊竹呂勢大夫、も上手かったですね。
豊竹咲甫大夫、と共に、ファン、というか将来を期待しているんです。


 ああ、いい舞台でした。
 記念的、とも言えます。

 余談ですが、『伊賀越道中双六』の通し鑑賞者が貰える、《懐中稽古本(復刻版)》のプレゼント、いただきました。
 なお、11月には、歌舞伎『伊賀越道中双六』のやはり通しが鑑賞できます。文楽と両方観ると、なんだか、いろいろプレゼントがあるようです。がんばります。

 今回、私は、お隣の、「グランドアーク半蔵門」に泊まって、2日かけて、初日に第2部の夜の部を、2日目に第1部の昼の部を見(聞き)ました。
 でも、正直、今回は、第1部から、じっくり楽しむべきだったかな、と思っています。

 写真は、この公演のパンフレット(600円)に付録の床本、「上演資料集」(1500円)、それに、通し記念品に、歌舞伎公演プレゼント付きチラシです。ワンクリックで拡大できます。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

感動人

Author:感動人
 芸術全般を愛する団塊世代です。
 「引退後」、たっぷり時間をかけて、いろいろな芸術を初心にかえって学び、横断的に、楽しんでいきたいと思います。もうひとつ、心身共に健康に「年をとっていく」ための、生活のマネジメントも「同時進行」でお伝えします。
 のんびりと過ごしたいと考えています。お寄せいただくコメントなども、論争などは避けて、ゆったりしたお話をお寄せください。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事のカテゴリ
読みたいテーマを選択してください。
リンク
RSSリンクの表示