FC2ブログ

「民生委員日記~4~」【7月1日から9月30日まで】

民生委員日記」の第4回目、2012年7月1日から9月30日までの分です。

 興味のある方は、「続きを読む」を、ワンクリックしてお読みください。それにしても、猛暑には参りました。暑い最中の記録です。

7月1日(日) 同僚の民生委員から電話があり、地区の社会福祉協議会で、私も「策定委員」だった福祉計画の、今度は、「実行委員」となる(横滑り)ことの確認があった。
 同じ件で、地区社会福祉協議会の事務局からもメールがあり、もう10日に第1回会議があるとのことで、出欠の問い合わせがあった。
 この委員横滑りについては、考えるところがあって、お断りを伝えた。
 
7月2日(月) 10時から、民生委員協議会(以下「民協」という。)。
 早めに家を出たが、会場に着いて、月間の報告書を持ってくるのを忘れた来たのに気づき、あわてて取りに帰り、自転車で戻ってセーフ。

 この日、民協自体は、大した議題はなかったが印象に残ったのは、2つ。

 一つは、市の「敬老金」の額が、下げられ、1万円になる連絡である。
 私は、むしろ、今もまだ、このような「現金給付」をやっていること自体が驚きだった。大都市では、たいてい、介護保険スタート時に、現金給付を廃止したところが多い。

 二つは、「その他質問」で、過日、市が自治会連合会に提案して、差し戻されたとされる、「高齢者見守推進員」制度についての話。
 私が質問したので、市側が説明せざるを得なくなったようだが、この制度は、高齢者の見守りを、研修・試験を経て委嘱されたボランティアにお願いし、ボランティアには、将来、自分が使える「福祉ポイント」を付与しようとするもの。

 しかし、考えてみれば、見守りは、民生委員の大きな職務だし、民生委員との整合や役割分担(私は、質問で、高齢者を挟んだ「三角関係」と表現したが。)、委嘱を全く別地区の人にも委嘱できるということから、果たして地域でうまく活動できるのかということが問題に浮かぶ。
 
 自治会からは、ただでさえ、福祉に協力する人を見つけることが困難なのに民生委員制度に屋上屋をかすることや、なぜ、このボランティアだけポイント付与するのか、様々な疑問も出されたようだ。
 その会議では、市が持ち帰り、後日改めて再提案することになったようだが、聞いた限りでは、制度設計がどうも不安。

 この日も民生委員から、なぜ、現場に情報を流して、意見を聞かないのかという疑問も出された。こんなのでは、10月から実施するのは無理では ?

 さて、午後。

 まずは、一番目に行ったこと。

 自治会長に電話して、改めて、地区社会福祉協議会の自治会推薦・「福祉計画策定委員」が、「実行委員」に横滑り、移行し、私が参加する話を断って、別の人の推薦を依頼した。したがって、地区社会福祉協議会の事務職員にも、会議には出席しない旨をメール発信した。

 余談だが、少し前に、社会福祉協議会の関係者から、「(ここの、と思うが)社会福祉協議会は、役職に付かないと思ったことができない」ような話が出たことがあったが、もし、それが本当なら、民間のボランティア団体であるのに、なんと官僚的な体質であろうかと、あきれてしまうが。

 午後二番目の「仕事」。

 9月敬老の日に、自治会から、商品券を配る、約100名の「祝い金」の名簿チェックなどをした。
 最後は、自治会長にメールして、配布する4人の会議を招集してもらうことにした。

7月5日(木) 蒸し暑い。夕刻、病院に入院していたおばあちゃんの娘から電話があり、施設に入所できたとのこと。面会にいこうかと思い、住所を聞く。

7月6日(金) 時々雨模様。9月に、自治会敬老金を配付する関係者の会議の日程調整をし、社会福祉協議会のコピー機を使って、「資料」を人数分作成する。
 作成した資料を、正午過ぎに、自治会長に届ける。

7月9日(月) 17時から、パトロール。

7月11日(水) 猛暑。公民館で、9月の自治会の敬老金を配るメンバー4人と自治会長が集まって打ち合わせをする。
 配布手順と割り振りは、私が資料を作ってあるので、すぐ終わる。

 「敬老会」(食事会)に話が及んで、参加資格年齢を昨年のチラシで確認すると、8月上旬のチラシは、65歳、下旬のチラシは60歳となっていた。よく、問い合わせが来なかったものである。みんな、きちんと回覧を見ていないのかな。このような、地域行事の素人さ、アバウトさが、また、よいではないか。
 その前の年は、65歳となっているので、きっと、65歳が正しいのだろう。でも、結局は、60歳と決まった。
 
 その際、参加希望者が回覧文書に順次名前を書き込むようにしているが、それだと嫌がる人もいたり、マンションだと、掲示板に貼った回覧文書に名前を書き込むことになり、もっと嫌がるのではないかということで、新しい福祉部長が、良い方法を考えることになった。人が変わるとアイデア、発想も多々で、よいことだ。  

 会議後、自治会長、自治会福祉部長と、地域の「在宅介護支援センター」に行き、所長かAさんなどが、地区社会福祉協議会の福祉計画実行委員に参加してほしいとを依頼する。

7月12日(木) こどものサロン。参加者は、35家族ほど。今日は、後半、消防署から職員が来て、幼児の救急講座をする。自治会の福祉部長がお手伝いに参加。

7月26日(木) 猛暑。こどものサロン。参加者は、約30家族。満員の盛況の感じ。室温を、22度にする。

7月30日(月) 猛暑。夕方、地域巡回。80歳以上のお年寄りは、、夕方には、結構、窓を開け放し、クーラーを消しているところがある。
 半ズボンで巡回すると、町中なのに、いつの間にか、蚊に刺されている。

 マンション建設の裏の家が引っ越し、家を解体しているので様子を見に行く。ほぼ4日ぐらいで、解体が終わって、あとは、小さな住宅が建つようす。
 その前の家も、「うちも、どうなるか(引っ越す)わからない・・」と。

8月1日(水) 自治会長と午前10時から、1時間ほど、喫茶店で情報交換の懇談。
 自治会が、福祉計画「実行委員」に推薦したAさんは、地域の在宅介護支援センター職員ではあるが、地域に「居住」していないので、社会福祉協議会会長が、常任委員会に意向を聞いてから決めるらしく保留で、どうも、心配だと自治会長から聞く。
 途中、元の推進委員会長や協議会事務職員などに電話し、情報収集する。
 午後、やや雨っぽく、蒸し暑い。

8月2日(木) 昨日の件で、自治会長から、文書で社会福祉協議会委員にお願いするので、その文書を目を通してほしいとのメール。受けたのが、出先だったので、夜に目を通し、了解のメールを出す。でも、まあ、大先輩の文書案を添削など出来ませんヨ。
 留守中に、市の福祉事務所から電話があったらしい。

8月3日(金) 朝9時に、昨日、電話があった、市の福祉事務所に、こちらから電話する。新しく生活保護を受ける方について、留意事項があるとのことで、市から説明を受ける。

 小学校から、秋の「周年行事」の招待状が届く。周年行儀の会場が、市のホールだが、これは、保護者・児童の負担を軽減する良い方法である。

8月4日(土) 新しい生活保護者決定の通知が市から来る。

8月5日(日) 猛暑の、9時過ぎに、自治会長が来訪し、雑談。土曜日に、自治会の定例回覧文書を集会所に置いておいたが、取りにこない班長がいるので、その班長のところに届けてきたとか。

 夕方、再び自治会長が来訪。市の「おれおれ詐欺」防止教室のテキストを持参。

8月6日(月) 10時すぎに、自治会長からメールがあって、9月・敬老会の「ちらし」を福祉部長が作るという7月11日の役割分担の確認。
 
8月10日(金) 12時に、自治会長から、ケアマネージャーのAさんに、今月20日の福祉計画実行委員会プロジェクトチームに出席を頼んだとのメールが入る。

8月11日(土) 朝9時、自治会の福祉部長から敬老会の案内「回覧」素案を見せてもらう。なかなかよくできていてセンスがよい。
 そのコピーをするときは、料金を自治会払いで社会福祉協議会のコピー機が使える旨を話す。 

8月13日(月) 自治会福祉部長から、敬老会案内回覧の最終版、確定案が届く。よくできている。

8月23日(木) 久しぶりの、こどものサロン。参加者は、約20家族。室温設定は、20度。
 きょうは、ボランティアによる腹話術、紙芝居、紙切りなど盛りだくさん。小さな子どもを相手にする場合の腹話術は、「動物」って手があったんだ。
 そういえば、昔、ホールで子ども相手のミュージカルを後援したことがあったが、開演してホールの電気を消すと泣き出す子どもが大勢いた。

 途中で、某政党の衆議院候補予定者とおぼしき人が、「最後に、若いお母さんの意見を聞きたい。」との来訪があったが、丁重にお断りする。

8月25日(土) 早朝、6時52分に、自治会長から「敬老会」の打ち合わせをしたいとメールが入っていた。

8月26日(日) 15時から、近くの喫茶店で、自治会長と、敬老会、福祉計画実行委員会プロジェクトチームなどの情報提供を受ける。
 プロジェクトについては、私は、委員ではないので、相談を受ければ答えるが、横から口出しはしない心構え。

8月27日(月) 旅行先に、福祉部長からの、敬老祝の商品券の用意が出来た旨のメールが入る。

8月30日(金) 朝、8時50分、福祉部長から、私が担当する、自治会敬老祝金の担当分36軒分を受け取る。敬老会の「招待状」も、手間をかけた、絵が飛び出すデザインの綺麗なものが36枚出来ていた。

9月1日(土) 数回、雨。1時半から自治会班長会。その後、3時過ぎから、3時間弱、自治会の敬老祝金(2000円の商品券)の配布を始める。36軒訪ねて不在は2軒のみで在宅率が非常に高かった。
 汗びっしょりで、ズボンまで浮き出ていた。ちょっと、張り切りすぎかも。

9月3日(月) 定例の民生委員協議会。特に、重要な議題が無く、講演会や赤十字街頭募金に出る委員の割り振りをする。私は、昨年に続いて、10月1日に、駅頭で募金をすることになる。
 11時過ぎに終わり、午後からの民生委員の食事会まで時間があったので、先日、不在だった家に「敬老祝」を届ける。

 12時半から、14時まで、食事会。
 終わって、再び、「敬老祝」を1軒届ける。これで全部終了する。

9月8日(土) 自治会役員から、敬老会打ち合わせの電話。体調不調でお断りし、お任せする。
 ここのところ体調と歯の調子が不調で、そろそろ人の面倒をみるどころではないかな、とまじめに考える。仕事が出来ると、すぐに片づけてしまわなければ気が済まない若い頃からの性格を改めないと、歳とるとやっていけないのかも。

9月15日(土) 11時から、地区の公共ホールで、自治会の「敬老会」。歌のコンサートと食事で、50人近くが出席。私は、10時20分に、出席予定の90歳の方を迎えに行く。元気で、早足で感心。

 歌手の方(トークで)、「敬老会って何歳以上なんですか、えっ60歳? 60歳で、もう入らなくちゃいけないんですか・・。」。ま、60歳で敬老とは驚くかもね。入らなくてはいけないじゃなくて、自治会の宴には出来るだけ多くの人が参加しやすくしているだけのことです。

9月24日(月) 地域パトロールの日だが、東京から、時間までに帰れず、欠席する。

9月25日(火) 敬老金配布名簿の整理をする。

9月27日(木) めっきり涼しくなり、朝晩は肌寒いほど。歯の治療後で、やや用心して行動する。
 こどものサロン。きょうは、保健婦さんが来て、乳幼児検診をするので、50名近い参加者。
 小さな子に「いないいないばー」の絵本を読んであげる。帰りがけ、数人の子供が、親と、まだ外で遊んでいた。

 今月は、以上です。
 暑いさかりの行動は、さすがに参ってしまいました。
 日常の細かい訪問は略しています。
次は、12月です。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: はっ、がんばります!

 応援ありがとうございます。
 いつも、ブログを拝見して、能の知識が、だんだん、冬の雪だるまのように大きく、巨大になっていくOscar様に刺激を受けて、くじけずにがんばっています。
 定年後しようと思っていた、きままな生き方と折り合えるところまでは、ボランティアをがんばろうと思っています。
 これからもよろしくお願いします。
 

拝見いたしました。大活躍ですね。
7月ってそんなに暑かったのかー、ともう全く記憶にない私。

お年寄りってクーラー嫌いですね。その上、高齢になるとリモコンも使いづらくなりますしね。
友人の勤務先の病院では、何回も熱中症で運ばれてくる一人暮らしのおばあさんがいて、変に思ったらリモコンの使い方がわからずいつも「暖房(!)」にしてしまっていたとか。
業を煮やした同じマンションの方が「冷房」にしたまま、リモコンはあずかってくださっているそうです(ナルホド)。

ご自分と可愛いお孫さんのためにも、プライベートな時間もとってくださいね。
プロフィール

感動人

Author:感動人
 芸術全般を愛する団塊世代です。
 「引退後」、たっぷり時間をかけて、いろいろな芸術を初心にかえって学び、横断的に、楽しんでいきたいと思います。もうひとつ、心身共に健康に「年をとっていく」ための、生活のマネジメントも「同時進行」でお伝えします。
 のんびりと過ごしたいと考えています。お寄せいただくコメントなども、論争などは避けて、ゆったりしたお話をお寄せください。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事のカテゴリ
読みたいテーマを選択してください。
リンク
RSSリンクの表示