FC2ブログ

アクセス数が200,000を超えました。いつもアクセスしていただいて心から感謝します。

 つい先ほど、アクセス数が200,000を超えました

 「日々に点を打ちながら歩いてきたような気がする。打ってきた点が生きるよすがになることもある。」(立原正秋「日本の庭」)の様な心持ちです。
 さて、この後、30万は、老秋の中でいつまで歩けるか、でしょうか。

 ところで、時節柄、当然の成り行きでしょうが、今月、25日予定の、二期会のオペラ「サムソンとデリラ」が中止、正確には、1月5日に延期となりました。
 5月国立劇場文楽のチケット(「義経千本桜」通し ! )が発売されましたが、貴重な公演ながら、用心して、買うのは止めておきました。「通し」、もう観られないかな。

 寒い間、数か月、我慢していた散髪ですが、さあ、行くかな、と思ったら、ここに来て、あまり行かない方がよい雰囲気。こうなったら、私、完全白髪なんで、一度、司馬遼太郎みたいにのばしてみようかな、と・・。

 あまり使わないのですが、資料のコピーに役立つので、プリンターを買い換えました。
 昨今の製品は、wifiで繋ぐので、ケーブルが同梱されていないんですんねえ。セットアップに、えらく苦労しました。もう、歳だし、機械物は、そろそろ、最後かな、と実感。

堀田善衛 『定家明月記私抄』(新潮社)を読み終え、

 順次、感想をアップしていきますが、
その「続編」と、
五味文彦 『中世社会のはじまり』(岩波新書・シリーズ日本中世史 1 )
本郷恵子 『将軍権力の発見』(講談社選書メチエ)
を、平行して読んだのですが、これが有益でした。
 関連した話が、あちこちに載っていて、まさに、熱中してしまいました。

 最後に、その定家から・・、
 
 「年をへて御幸になれし花の陰ふり行身をもあわれとや思う 定家」
「御幸」は、「深雪(みゆき)」、「ふり」は、「古りゆく」(老い果ててゆく」あるいは「降り」と解します。定家、42歳、建仁3年の花見での歌です。
 新古今は、人間、歳をとっていくことを、「春をへて」と表現しているのは、良いですねえ。

 きょうは、取り急ぎお礼まで。★

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: ありがとうございます

 ありがとうございます。趣味と表裏なので、体力がある限り、何とか、がんばります。よろしくお願いいたします。

祝20万アクセス

20万アクセス、おめでとうございます。
お体に気をつけて、50万、100万アクセスを目指してください。
これからも読ませていただきます。
プロフィール

感動人

Author:感動人
 芸術全般を愛する団塊世代です。
 「引退後」、たっぷり時間をかけて、いろいろな芸術を初心にかえって学び、横断的に、楽しんでいきたいと思います。もうひとつ、心身共に健康に「年をとっていく」ための、生活のマネジメントも「同時進行」でお伝えします。
 のんびりと過ごしたいと考えています。お寄せいただくコメントなども、論争などは避けて、ゆったりしたお話をお寄せください。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事のカテゴリ
読みたいテーマを選択してください。
リンク
RSSリンクの表示