FC2ブログ

奥山景布子 『葵の残葉』 ~幕末・明治の動乱に翻弄された、高須徳川四兄弟の約20年を、時代の描写も丁寧に物語られます。

 余談ですが、1873年のウイーン万国博覧会(印象派の〈立ち上げ〉は、1874年です)、それは、クリムトの分離派創設にも影響を及ぼしましたが、その博覧会に、名古屋城の〈金鯱〉(きんしゃち。きんこ)が出展されました。
 それは、今日、お話しする、小説の主人公、尾張徳川家の慶勝が政府に献上したものです(273頁)。慶勝は、金鯱が見世物になるのを後悔していましたが。
 さて、その本は、

奥山景布子 『葵の残葉』(文藝春秋)

です。

20190625215050940.jpg 

 第30回新田次郎文学賞を受賞しています。
 著者の、奥山景布子(おくやま・きょうこ・1966-)作品は、すでに、
「時平の桜、菅公の梅」、「キサキの大仏」、「びいどろの火」、「太閤の能楽師」、「音わざ吹き寄せ」など読んでいます。

 この小説は、幕末から明治の動乱期を生きた、家康の九男・義直【よしなお】以来の、尾張徳川家61万石に、徳川末葉の分家・高須松平家(現在の岐阜県海津市)3万石から養子に入り、14代当主となった、高須義建の二男、
尾張・慶勝 (1824-83)【写真右】、
(なお、尾張徳川家は、まず慶勝(当時の名は、慶恕【よしつぐ】)が継ぎ(1849)、井伊大老と対立し、「不時登城」で謹慎処分(謹慎を解かれたのが、1860年) となったので(1858)、茂栄(当時の名は、茂徳【もちなが】)が継ぎ、その後、茂栄が一橋家当主となったので、慶勝の子・義宣が茂栄の養子となって尾張を継ぎました(1863)。まだ、年少なので、父・慶勝が再び実権を握り、16代義宣が18歳で夭折後、再び当主(17代)となりました(1875)。)

と、兄弟の
義建六男の、会津に養子に入った容保(かたもり)【写真左二番目】。京都守護職です。
義建八男の、桑名に養子に入った定敬(さだもり)【写真左】京都所司代です。
義建五男の、高須家当主、尾張徳川を経て一橋家当主となった茂栄(もちはる)【写真右二番目】。旧名・茂徳、玄同、

の約20年の生涯を描いています。【写真は、徳川美術館HPから引用。銀座の二見朝隈写真館で、1878年9月3日に撮影されたもの。】

2019062812524107c.jpg

 因みに、高須家を継いだのは、
義建十男の、義勇です。
 まず、義建死後、茂栄が継ぎ、茂栄が一橋家当主になったので、茂栄の子・義端が継いだのですが、夭折した結果です。

(以下、下記の「続きを読む」をワン・クリックしてお読みください。)

続きを読む

スポンサーサイト



本の雑誌編集部『絶景本棚』(本の雑誌) ~蔵書に囲まれた羨ましい生活に魅入られました。私の書棚から、昔の同じような本も探し出して来て、しばし、感慨に耽りました。

 昔から、〈書斎〉に憧れています。
 そこで、どうも昔から、こういう本が好きです。今回は、

本の雑誌編集部『絶景本棚』(本の雑誌)

です。

20181104213611704.jpg 

 「今回は」・・、と言うのは、私の書棚を探すと、1978(昭和53)年刊行の
『私の書斎』(全4巻・地産出版株式会社)
や、1966(昭和41)年刊行の、
『本棚が見たい』(ダイヤモンド社)
と言った書物があるからです。

 前者は、向坂逸郎から渡辺昇一まで、53名の書斎の写真、
後者は、筒井康隆から秋元康まで、23名の書架の写真が写っています。

 因みに、現在60歳、AKB48のプロデュースで有名な、秋元康さんの取材は、1990年12月、32歳の時に行われています。
 本を、〈ピン・ボール〉のピンに、ご自分をボールに例えて、ボールを弾いてピンに当てる例えで、乱読・多読を述べられておられます。

(以下、下記の「続きを読む」をワン・クリックしてお読みください。)

続きを読む

朝井まかて『悪玉伝』 ~実話の《悪玉》である吉兵衛は、本当に、《悪玉》か ? 筋の面白さ、人物描写、会話の巧さは、随一です。法廷サスペンス、ミステリー要素も入った大仕掛けエンタメ時代小説の傑作です。

 夜、洗面所に行くと、小窓から、秋の虫の鳴き声が沢山聞こえます。

 朝井まかて(1959-)が、「朝日新聞」夕刊(金曜日)に連載中の「グッドバイ」は、長崎の菜種油を商う主人公・お希以と手代の会話のやり取りが本当に面白いですが、その流れで、この7月新刊の本書も、実に、人物描写が巧い。
 このところファンになっている朝井まかてさんの7月新刊、

 朝井まかて『悪玉伝』(角川書店)

を読みました。
 表紙は、初冬と春の二季咲きの「寒牡丹」。物語に何度も出てきます。

20180901204558dfb.jpg 

 面白かった、ホントに面白かった。最後など、読み終えたくて深夜になってしまいました。

 《悪玉伝》とありますが、単純に《悪玉》とは言い切れません、というメッセージを含んだ題名でしょう。
 物語は、大坂の事件、しかも、通常ならば当事者同士の話し合いで解決すべき問題でありながら、大坂のみならず、江戸の大岡越前守忠相(ただすけ)までが裁く騒動にまでなった実際の「辰巳屋一件」(舞台化は、「女舞剣紅楓」〈おんなまいつるぎのもみじ〉。辰巳屋を守った唐金屋の忠義の物語)を元にして、大きなスケールで書かれています。

 辰巳屋の相続騒動は、江戸の役人側から見ると、《悪玉》とされる吉兵衛(きちべえ)ですが、時代の様相、江戸と上方の違い、役人の人脈と忖度(そんたく)を要素にして捕らえ直すと本書の結論になるのは、合理的でしょう。

 本書の筋は後述しますが、凝った筋と構成で、しかも、会話が巧く、小気味よい。
 例えば、大岡越前守忠相の53年間連れ添った妻・松江は・・、
「若い頃は笑窪(えくぼ)が可愛らしく、瞳が大きかったが、笑窪は消え、目は小さくなって、皺(しわ)と小言が大きくなった」、
 吉兵衛の若い妻・瑠璃(16歳)も個性満点で、その掛け合いも面白い、

 また、随所に出てくる小文・・、
「人間、齢を重ねたら、じいさんもばあさんも、区別がつかなくなる」、
「頭も心も雑な奴や」、「眉を額の真ん中までつり上げる」仕草、「古漬けのナスのような顔色」、さらには、
大岡越前守忠相が、唐金屋与兵衛の泉州訛り「かだら」が、妻の前で、つい出てしまったり、
 忠相の〈痔〉の描写、
・・と、もう、ニヤリ、とする会話の妙や、ブラック・ユーモアに満ちています。
 まさに、朝井まかて、油の乗りきった傑作作品と言えるでしょう。

 さて、大まかな「筋」は・・、

 1739(元文4)年1月・・、

 大坂堀江町で、薪(まき)問屋を営む、豪商・辰巳屋の主人である久佐衛門(くざえもん)が50歳前で急逝しました。店は、番頭5人、手代460人を抱える大店です。

(以下、下記の「続きを読む」をワン・クリックしてお読みください。)

続きを読む

原田マハ「アノニム」のご紹介ほか、いま、ゆっくり併読して楽しんでいる本の話です。



きょうは、「読書」のお話しです。
ご紹介するのは、
原田マハ 『アノニム』
を中心に、
青木文平 『伊賀の残光』(新潮文庫)
ふじたあさや 『をぐり考』(晩成書房)
武智鉄二 『武智鉄二 歌舞伎素人講釈』(アルファーベータブックス)
『大江戸曼荼羅』(朝日新聞社・1996刊)
となります。

 まずは、写真は・・、
抽象表現主義、アクションペインティングの、ジャクソン・ポロックの絵画「ナンバー1A」(1948)です。

この作品の前に、幻の「ナンバー0」がある、というフィクションで書かれた小説、
原田マハ 『アノニム』(角川書店)
が、すこぶる面白かった。

(以下、下記の「続きを読む」をワン・クリックしてお読みください。)

続きを読む

阿寒湖のアイヌコタンで、民族舞踊を鑑賞しました。



 今回の旅も折り返しの日が来ました。後、一週間です。
 2日(水)は、摩周駅からバスで1時間の、阿寒湖で過ごしました。夏場だけ出ている、日に2往復のバスですが、乗客は、私たち夫婦だけ。
 
 阿寒湖畔の、アイヌコタンにある、「アイヌシアター イコロ」で、ユネスコ無形世界文化遺産(2009年)にもなっている、『アイヌ民族舞踊(古式舞踊)』を鑑賞しました。

 劇場は、客席が半円形の、約300名ほどの定員の立派な建物です。(写真は正面)

(以下、下記の「続きを読む」を、ワンクリックしてお読みください。)

続きを読む

寒っ。北海道、川湯温泉5日目です。摩周湖、屈斜路湖を散策してきました。



 新聞などで、「今年は、北海道も猛暑」などと報道されていましたが、当地は、朝、16度、昼、22度。持って来た長袖は、薄いジャンパーだけ。
 挙げ句、薄着で散歩していて、見事に鼻風邪をひいてしまいました。

 写真は、昨日、バスで行った屈斜路湖の美幌峠です。
 一昨日は、摩周湖にも行きました。ゆっくりホテルを出て、2時頃には、戻って温泉でゆっくりできます。
 ちなみに、フリーパスのバスチケットは、2日で、1,500円と、すこぶるお手頃です。
 次は、阿寒湖まで足をのばしたいと思っています。

 (以下、下記の「続きを読む」を、ワンクリックして、お読みください。)

続きを読む

北海道で、避暑を楽しんでいます。


 昨夜は、9時に寝たので、今朝は、4時に風呂に行きました。
 露天風呂は、肌寒い。
 ここは、北海道、東にある弟子屈町の川湯温泉です。写真の中央辺り。隣に、硫黄山が噴煙を出しています。
 ちょうど、屈斜路湖と阿寒湖の中間辺り。
 ここで、2週間滞在します。今回は、パソコンを持参しなかったのでススマホ入力となります。
 やや読みにくいとは思いますが、ご了承ください。★

承前、林真理子『西郷どん!』で、奄美大島は、心に残る記述です。ところで、謡曲『俊寛』の千鳥は、愛加那と同じ、アンゴなのでしょうか。



 写真は、昨夏に頂いた、私がファンの、挿絵画家・安里(あり)英晴(1954ー)さんのサインです。
 特に、宇江佐真理(1949ー2015)さんの遺作「うめ婆行状記」の、一族集合した、新聞挿し絵は、印象的で、素晴らしいものです。(氏のブログは、「わくわく挿絵帳」です。)

 さて、前回の、林真理子「西郷どん!」の話の続きになりますが、西郷吉之助の、最初の〈妻〉(かたちだけの妻だったのですが)伊集院俊子、と前回触れた、島の妻(アンゴ)・於戸間金(おとまかね)つまり、愛加那は、実に、印象的に書かれています。
 また、全体からすると期間的には少しの舞台なのですが、奄美大島が、悲惨な物語舞台となっていながら、実に、美しく、印象深く書かれています。行ってみたくなること必定です。

 その近くに、喜界島もありますが、どうでも良いことながら、「平家女護島」や、謡曲「俊寛」の島の女・千鳥も、アンゴ(いわゆる、島の妻)と解釈すると、連れて帰ることは自然なのでしょうか。疑問も感じなくはありません。
 と、・・こんなことを、読書の中で考える楽しみがありますね。

 余談ですが、新潮社の小雑誌、PR誌「波」に連載中の、佐藤賢一「遺訓」も、同じ頃の西郷が出て来て、「私学校」の急進派の出来事が描かれています。併読必須です。
 それに付け加えるならば、当時、西南戦争の実情を広めた、新富座、団十郎などの「西南雲晴朝東風」、「西南夢物語」など、当時の歌舞伎の芝居を忘れてはならないでしょう。

 ところで、今正月は、孫一家も、年末年始と、今話している近くの、沖縄に行っています。偶然、とはいろいろ重なるものですね。★

まずは、順調な、秋の読書第一弾。共通キーワードは、〈乞胸〉。

 ゴホン、ゴホン・・・、やや持病となっている〈咳喘息〉が出ました。夏の遊び疲れかな。初めての、近所の内科に行って、昔、勤めていた頃の主治医の「お薬手帳」を見せると、全く同じ薬を処方してくれました。これで、気分的に半分治ったような。
 

 それほどひどくは無いので、結局、民生委員の3年ごとの大仕事、「高齢者実態調査」(民生委員が、3年に一度、高齢者のみの世帯と、一人暮らしの高齢者世帯宅を訪ねて、緊急連絡先などを聞いて台帳を作ります。)を数軒ずつ始めてしまいました。じっとしていられないタチなんです。  
 しかし、驚きました。私の地区、3年で一人暮らしの高齢者の方が2倍です。詳しくは、今月末の、「民生委員日記」で。
 

 夜は、読書。
 今回、4冊を平行して読んでいます。そのうちの2冊に頻繁に出てくるのが、〈乞胸〉という言葉。
 〈乞胸〉。〈ごうむね〉と読みます。非人頭・車善七が支配していた特殊な身分(非人)です。余談ですが、フーテンの寅さんの名字「車」は、これからヒントを得て名付けたのでしょうか。
 その2冊は、
 
塩見鮮一郎 『江戸の貧民』(文春文庫)

神田由築 『江戸の浄瑠璃文化』(山川出版社・日本史リブレット)

です。
 
・・・以下、「続きを読む」を、ワン・クリックして、お読みください。

続きを読む

名門劇場のピロティでの、緊迫の朗読劇に感動しました ~ 日生劇場「マリアナ・ピネーダ」

 なかなか斬新な試みです。
 26日(火)19時から、東京・日比谷「日生劇場」ピロティ(玄関ホール)で、


マリアナ・ピネーダ」(フェデリコ・ガルシア・ロルカ作)、


リーディング公演、を鑑賞しました。
 「マリアナ・ピネーダ」は、ロルカ最初の戯曲で、秋に上演されるオペラ「アイナダマール」は、この戯曲の主役マリアナを演じている女優とロルカの物語です。

 この日、日生劇場ピロティの白大理石の階段が舞台です。
 下から、改めて、この階段を見上げて見ると、真ん中の手すりは、なかなか凝ったデザインですし、階段の大理石の角だけ赤絨毯、というのもしゃれています。
 大理石ですから、声の反響も良い。
 その階段の前にパイプ椅子の座席が作られました。私の席は、中央・最前列です。

 リーディング、とは、いわゆる朗読劇で、役者が台詞を暗記せず、台本を見ながら、いわば、声によって劇的な演技をするものです。近時、シェクスピアのリーディング公演というのも見られます。
(しかし、この台本がチラリと見えたのですが、細かい字がびっしり。老眼では読めないかな。)

 少人数の観客、そのまん前で、イキの良い声。演じられるロルカの戯曲は、緊迫感満点で、舞台とはまた違う感激があります。ロルカの台詞も、すこぶる詩的です。
 やりますねえ、日生劇場は。
 この数年、日生劇場は、秋のオペラを上演するにあたって、そのオペラをプログラムなどで解説するだけでなく、シンポジウム、今回2回目のこのようなイベントなど、これでもか、というほど様々な、質の高い(・・ここが重要です)催しを(無料で・・)やっています。
 実に、良い試みです。

 今回の演出は、「十字軍」(ミシェル・アザマ)で文学座演出デビューした、気鋭の稲葉賀恵(文学座)。
 失礼ながら、まだ27歳とか。今後、注目。

 まず、冒頭、石塚隆充(カウンターオール、フラメンコ歌手。1973ー)が登場して、一挙に物語の世界に引き込みます。
 私、6月公演「ロルカとアンダルシア」で、すっかり、この方のファンになっています。

 マリアナ・ピネーダ役は、やはり気鋭の上田桃子(文学座・2002年初舞台)。身長150cmな小柄な体から、情感を満ちあふれさせ、熱演します。余談ですが、最後の、お辞儀の仕方が、体をエビのように曲げて、可愛い。

 ナレーター、修道女カルメンなどを演じた新人、大野香織も好印象です。
 キャストは、10人ほどで、全員、文学座の若手メンバーです。

【以下、下記の「続きを読む」をワン・クリックしてお読みください。】



続きを読む

「救わで止まんじ」。妻と仏像の心を追い、暗中を猪突猛進 ~ 葉室麟 『天の光』を読みました。

 余談ですが、4歳の孫が、〈冒険学校〉の焚き火起こしで、木の枝をナイフで切るとき。先生に「刃(は)を下に向けて !」と何度も言われた孫は、口をあけて、歯(は)を下に必死に出していたと、息子のおヨメさんからLINEで送られて来ました。

 
 さて、本題。

 仏師・清三郎、すんでのところで、妻も仏師の〈キャリア〉も失うところでした。
 私の好きな作家のひとり、の作品、


葉室麟 『天の光』(徳間書店)


を読みました。
 15日間の北海道旅行から帰って、最初の作品でした。
 主人公・清三郎の緒突猛進ぶりに、やや呆れましたが、仏像の知識と共に、楽しめ、3日で読み終えました。

【以下、下記の「続きを読む」をワン・クリックして、お読みください。】

続きを読む

日記:ニセコも、あと5日。ここで、ちょっと雑談を・・。

 先日、伺ってご挨拶した、西村計雄記念美術館のI学芸員さんから、リンクを張りたいとのメールを頂きました。
 うれしいことです。ブログだって、読んでほしければ営業努力が必要なんです。で、私は、これ、と思った方とは、出来るだけ名刺交換することにしています。

 さて、ニセコ滞在も残り5日間となりました。あーあ。

 学芸員さんのメールで、なるほど、と気づきました。
 また、旅館の、温泉のロビーで、老夫婦が、「ニセコは、私たちにはお呼びじゃないね。」、「冬のスキーは、いいらしいが、今さらスキーでもないしね。」 と話しているのを傍で聞いていたことも重なりました。


 ニセコも、アウト・ドア中心だけの売りにせず、夏の長期避暑者、特に、車ももたずゆっくり本や美術を楽しみたい「文系」退職者に、もっと、もっと、アッピールしてもよいのでは。
 例えば、私なら、具体的に、数少ないバスの時刻を駆使し、連動・掲載した役立つ、美術館・記念館めぐりの、いろいろなコースと、道中と館のポイント、館の職員のプロフィル(人が見える)なども書いたチラシなど、いっぱい作っちゃって全部の宿に置かせてもらうけれど。
 
 そして、受け入れ各館も、そのような人たちの受け入れに、ちょっと付加価値をつける、例えば、居場所づくり、図書館などとの連携だっていのですが・・、をつけることを考えてみますが。

 ちょっと生意気なこと言いましたが、実は、退職後、ある芸術財団の事務局長と記念館の館長をしていて、いつも、館員に課題を投げかけていた癖がついでまして・・・。

【以下、「続きを読む」をワン・クリックしてお読みください。】

続きを読む

オペラ『蝶々夫人』(プッチーニ)~素晴らしく美しい栗山演出の集成。ダイナミックな演奏、そして、出ずっぱりで、難曲を深い表現力で魅せた腰越満美に感動しました。

 よく知られたオペラ《MADAMA BUTTERFLY》ですが、感動しました。
 さすが、もう、涙は出ませんが、それどころか、「お金は、まだ残っているの ? 」、なんていう台詞は、「椿姫」にもあったなあ、とか、字幕の「翅」なんていう字は読めないのでは、とか、時々、気が散っていましたが、それは兎も角、きょうの舞台は、良かった。ほんとに、良かったです。

 このような感動を重ねていて、ちょっとは、情操豊かな老人になっているかしら。


 23日(水)18時半から、東京・上野文化会館で、
ジャコモ・プッチーニ(1858ー1924)作曲、
ジュゼッペ・ジャコーザ、ルイージ・イッリカ台本、
二期会の、


オペラ『蝶々夫人』(3幕)


(初演・1904年ミラノ・スカラ座。二期会初演は、1957年。)
を鑑賞しました。

【下記の、「続きを読む」を、ワン・クリックしてください。】

続きを読む

四国・松山旅日記~準備編③ 山頭火の慕う「井上井月」

 昨日、種田山頭火(1882-1940)のことに触れました。

 山頭火は、10歳で母を無くしていますが、井戸に投身自殺し、引き上げられた母の遺体を見たのが随分トラウマとなったようです。そういえば、一遍も13歳で母を無くしています。
 きょうは、山頭火や一遍ではなく、別の、俳人に触れてみます。

 実は、この放浪の俳人・山頭火は、やはり、放浪の俳人・井上井月(いのうえせいげつ)の墓を、1934(52歳)、1939年(57歳)に訪れています。もっとも、1934年のときは、途中で病になって中止しました。

 この井月については、私も好きで、調べ、「引越し」前の、以前のブログで少し触れましたので、松山の人ではなく、伊那谷の人ですが、改訂し、改めて再掲してみます。

 「落栗の坐を定めるや窪溜り 井月」

 放浪の果てに、落ち栗が窪溜りに、やっと安住の地を見つけた、これで、動かなくていいのだ(反面、これで、朽ちてゆくのであろう。)。(江宮隆之『井上井月伝説』(河出書房新社)。以下、参考にしています。)。

 漂白の詩人、井月(せいげつ)の句です。

 「井月」とは、井戸から見た月、ありえざることを号とした、と前述の伝記の作者は解されています。

 井月は、安政5年(1858年)から、約30数年間、古い竹行李と風呂敷包みを振り分けにして、酒の瓢箪を腰にぶら下げ、しらみとともに、伊那谷を漂白しました。ちょうど、江戸幕府の終焉の頃です。

 長岡藩の人であり、学問・武術に優れていて、江戸にのぼって、昌平校でも優秀でしたが、弘化元年(1844年)の上越大地震で、故郷にいた、妻、娘、養父母(7歳のとき、越後高田藩から、父の妹の嫁ぎ先である長岡藩の井上家に養子に入りました。)を一挙に失いました。

 死んだ娘が、彼が与えた土雛を握って死んでいたことを知って慟哭したといいます。

 以来、信州伊那谷で、敬愛する芭蕉のような句を追い求めました。

 東京北区田端に住んでいた芥川龍之介は、「芭蕉の唱えた俳諧の大道を忘れなかった人」「書は、神技に近い。」と述べたとか。
 その生き様にうたれたのでしょう。
(芥川の短編「庭」は、小穴隆一がモデルと言われていますが、この中に、井月がちょっと出てきます。)

 芥川の主治医、下島勲(いさおし、号を空谷という。)は、芥川の勧めもあって、井月の句を集めて自費出版しました。下島もまた、信州伊那谷の人でした。
 井月の句は、請われて詠んだ即興が多いので、蒐集に随分と苦労したようです。
 
 大正10年10月の『井月の句集』(空谷山房)が出版されました。(後に、改訂版ともいえる、『漂白俳人井月全集』が出され、当初の1029句から、井月のものでないと精査された200句が除かれています。)

 その句集には、高浜虚子や芥川が文を寄せ、装丁も香取秀真(ほつま)などが携わっています。

 どんな立派な業績があっても、後世に伝える人がいてこそ歴史に残っていくものなのでしょう。

 井月の絶筆は、

 何処やらに鶴の声聞く霞かな 井月

 明治19年旧暦2月16日、新暦3月10日です。66歳でした。 

他に、参考となる書物は、近藤富枝『田端文士村』(中公文庫)です(155頁)。(了)

フィットネスクラブを選ぶ

 高齢者が、「デイ・サービス」に通うようなもの、とも考えてしまうのですが、一段落したら、5、6月頃から、フィットネス・クラブに行って体を鍛え、オナカをひっこませようと、近所のクラブを4箇所見学しました。オアシス、メガロス、コナミ、NAS、です。

 いずれも、受付でアンケートを書かされ、その後、いずれも同じタイプの、親切でノリのいい、若い女性が対応してくれて、館内を案内・説明してもらいました。

 まずは、残念ながら、メガロスは、立地はいいのですが、プールが無いので、まず選択外となりました。

 次の一箇所は、外に出たとき、高齢の女性グループが出てきて、噂話をさかんにしており、このクラブにまるっきり関係無いことですが、ちょっといやな印象を受けてしまって選択外としました。

 残る2箇所からどちらを選んだか。ジムスペースは比較的狭いようですが、そばにトレーナーが立っていて気軽に相談できそうで、見学のときの利用者も年齢のバランスが広いような気がして、NASにしました。NASとは、何の略か分からないのですが、すぐそばは、コナミがあり、きっと競争しているのでしょうね。

 よく、経営研修で、ホテルの従業員の接客態度をよくするにはどうするか、という問いに、あるコンサルタントは比喩的に答えました。「それは、隣にホテルを作ることだ。」と。そういう意味でも、競い合うここもよいでしょうし、初夏には申し込もうと思います。

 帰りに、伊勢丹によって水着を売っているのを確認してきました。トレーニングウエアも、流行があるようです。これらも、そろえようと思います。昔から、カッコから入るたちでしたから。(でも、いつも、ひととおり道具が揃うと飽きてしまうタチだったのですが、今度は、そうならないように努力します。)

 帰りがけ、

 6  夏目漱石「草枕」(岩波文庫)、

を買いました。先に書きました、1と2の本を読んで、「一所不在」の心などを体現しているこの本をじっくり読んでみたくなったのです。

プロフィール

感動人

Author:感動人
 芸術全般を愛する団塊世代です。
 「引退後」、たっぷり時間をかけて、いろいろな芸術を初心にかえって学び、横断的に、楽しんでいきたいと思います。もうひとつ、心身共に健康に「年をとっていく」ための、生活のマネジメントも「同時進行」でお伝えします。
 のんびりと過ごしたいと考えています。お寄せいただくコメントなども、論争などは避けて、ゆったりしたお話をお寄せください。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記事のカテゴリ
読みたいテーマを選択してください。
リンク
RSSリンクの表示